shihoのブログな毎日

生活での役立つことや季節の事、ハンドメイド販売についてのサイト

生活トピックス

iphoneは寒いとバッテリーが減る?!冬に電源が落ちる前の対策まとめ

投稿日:2018年1月22日 更新日:


冬、なんだか気温が低くなってからiphoneの充電がなくなるのが早くなった…ってことないですか?

バッテリーの減りが早いと、いざ使おうと思った時に落ちたりして困りますよね。

そこで今回は寒い時になぜ、iphoneのバッテリーが急に減ってしまうのか?

急激にバッテリーが落ちる原因と、対策はなんなのか?をまとめました。

スポンサーリンク

iphoneは寒いとバッテリーが減る?!

冬の寒い時期に、充電がたくさんあったはずなのに、急に大幅なバッテリー消費されていることってありませんか?

夜には満タン近くあったバッテリー表示が、冬の朝起きてiphoneを見ると急激に減っていて「へ?」と思ったことある人も多いと思います。

その原因は、iphoneに使われている電池の種類が関係しているんです。

iphoneのバッテリーには、リチウム電池という電池が使われています。

(※ちなみに、電池とバッテリーはほぼ同義語です。)

どんな電池でも、温度や湿度などの利用環境が決まっています。

電池は化学反応で放電しているのですが、化学反応というのは温度にとても関係するのです。

なので、ある一定の温度以下になるとバッテリーの電圧不足が原因で起動力が低下します。

このある一定の温度以下というのは、iphoneの場合、

iOS デバイスは環境温度 (周囲の温度) が 0° ~ 35℃ の場所でお使いください。低温下や高温下では温度調整のためにデバイスの動作が変化することがあります。動作温度を下回る極端な低温下で iOS デバイスを使うと、バッテリーの消耗が早くなったりデバイスの電源が切れたりすることがあります。

引用元:https://support.apple.com/ja-jp/HT201678

とappleのサポートページにある通りなんですが、

これはiphoneを使う時、この気温外では急激にバッテリーの性能が落ちる可能性がありますよという事です。

先ほども書いたように、放電する際の化学反応というのは温度にとても関係します。

また、外でiphoneの電源が急に落ちて家に帰って充電器をさしたら、急に30%になった!なんで?!ということありませんか?

この場合は、寒さでバッテリーが電圧不足になり性能が落ちているというだけで、消費しているわけではないんです。

要は、機能停止した状態になり(その間にも最低限の消費はありますが)

その後、正常に動く環境に戻ったときに、実際には使えるバッテリーの残りの容量が表示されるため「急に充電が増えたように」表示されるのです。

また、iphone本体の素材が金属製であるため、より冷えてしまうことも考えられます。

金属製のものはプラスティックに比べて

「本体自体が冷えやすい」→「バッテリーもより冷えてしまう」

ということも1つの理由なのではないでしょうか。
 
ただ、冬でも、あきらかに0°あたりの気温じゃない時にバッテリーの減りが異常に早かったり、フリーズや電源が落ちるなど、動作に不具合がでてしまう場合は、バッテリーの劣化も考えられます。

スポンサーリンク

iphoneが寒いときに落ちる前の対策!

iphoneがすぐに落ちてしまわないように、自分で出来る対策をまとめてみました。

まず、有名なのが機内モードの設定にしておく方法。

もし電話やメール・ラインなどをせず写真だけ撮りたい場合や、通信の必要がないアプリを使用する時などは機内モードにしましょう。

この機内モードは、飛行機に乗る時に、通信しない設定をするためのものです。

通信をしないとバッテリーの温存にもなりますので、

電池のもちがよくなります。
 

ですが、寒い時でも通信が必要な場合の方が多いかと思います^^;

そんな時におすすめの対策方法は、

・手で暖める
・上着の内ポケットに入れる
・上着より内側の服のポケットに入れる
・本体全部を覆うケースをつける(手帳型など)
・防水ケースに入れる
スパイベルトに入れ、上着より内側にタスキがけする
ネオプレーン素材のケースに入れる
・間接的に靴下用カイロで暖める
・iphoneを入れる鞄の中にカイロを入れておく
(絶対にくっつけないこと!!高温になりすぎるとバッテリーが爆発する恐れがあります)

などがあります。

とりあえず、なにかの方法で直接iphoneに寒気をあてないようにして、iphoneの温度を上げることしかありません。

気温が寒い日などは、ダウンなど上着の中に着ている服にポケットがついていたら、中の服のポケットにiphoneを入れてみて下さい。

それだけで電池の減りがかなりマシになると思います。

実際にわたしは冬に登山するときなどは、1番外の上着にはiphoneはいれないようにしています。

上記のようなことをしてみても電池がすぐなるようであれば、バッテリーの劣化が考えられますので、バッテリー交換を検討してみてもいいかもしれません。

まあ、その場合は冬に限ったことじゃないかもしれませんが^^;

また、暖めるといっても、キンキンに冷えたiphoneに、直接ホッカホッカのカイロをあててしまうと急激な温度変化により

バッテリーの自体を劣化させて寿命を縮めてしまいますので、直接のカイロ、ドライヤー、ストーブで暖めるのはおすすめしません。

こんな風に急激に暖めてしまうと、それだけで故障の原因になります。

あくまでも自然な温度の上昇であることがバッテリーを痛めない方法です。

また、急激な温度変化で画面が割れたりすることもあるようです^^;

急激にiphoneの温度を上げてしまうと…

iphoneが冷えすぎている状態で、カイロ、ドライヤー、ストーブなどで急激に暖めてしまうと、バッテリーの劣化だけではなくiphone内が湿る場合があります。

寒い日、窓に水滴がついたり、くもったりと結露しますよね。それと同じ状態がiphone内で起こっているのです。

実は、ジョギングなどの運動による汗や湿気も同じで、あまりiphoneにとって良いことではありません。

湿気をとるにはジップロックに乾燥剤をiphoneと一緒に入れておくのがオススメです。

さらに、キンキンに冷えたiphoneが電源が落ちている場合は、充電器をさす前に少し室温にならしてからの方が安心です。

iphoneは寒いとバッテリーが減る?!冬にすぐ落ちる前の対策はコレ!まとめ

iphoneが使えないとかなり不便になりますよね^^;

是非、対策をとって寒い冬でもiphoneを快適に使いましょう!

氷点下では機能停止してしまう構造上、0°近い温度、0°以下の場所にいるときは外では

使わない方がいいですね。

わたしも冬は気をつけて上着の外ポケットには入れないようにしています。

出来るだけ、肌に近い服のポケットに入れておくだけでも全然温度が変わるので、

iphoneが急に落ちるということはなくなりましたよ。

参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク



-生活トピックス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

キャラ弁で海苔が縮まない方法!しわしわにならずに固定するコツは?

キャラ弁では海苔を使うこと、結構多いですよね。 でも、縮んだり上手く貼りかなかったりして、なかなか上手く扱えないことも。 そこで今回は、キャラ弁の海苔がフタを開けたときにしわしわに縮まない方法と、外れ …

お歳暮のやりとりをやめたい時どうしたらいい?いつまで続けるべき?

お歳暮、長年送り続けているとどうしても義理的になったり、送らなきゃ…という感覚になってしまいますよね。 スポンサーリンク 中には送りたくないな、実は面倒くさいな、と思いながら なかなかやめられない…と …

洗濯槽クリーナーの塩素系の使い方は?つけおきしてみた結果【体験談】

洗濯槽の洗浄って、なかなか手をつけにくいですよね… ですが、洗濯槽クリーナーの塩素系を使うと、洗濯槽の掃除が簡単できます。 しかも、強い効果も期待出来る。と良いコトづくめ! 今回は、洗濯槽の掃除に評判 …

お弁当を冷蔵庫に入れるとご飯が硬い!柔らかく冷めても美味しいコツ

ご飯が固くてまずいと、せっかくのお弁当が楽しみでなくなってしまいますよね。 今回は、お弁当を冷蔵庫に入れるとご飯が硬くなってしまうことについてまとめています。 お弁当のご飯を柔らかく、冷めても美味しく …

ホワイトデーのお返しで夫の職場で金額やセンスなど気をつけるべきはコレ!

夫が職場でバレンタインデーに義理チョコをもらってきたお返しの準備を頼まれた場合、 旦那さんの会社での立ち位置や社内関係も乱さないように、と色々考えて購入しなければいけないので困ったりしますよね^^; …

最新記事

最新記事

九州・福岡県の田舎に住んでいます。

日々の中での疑問や、九州の情報などを発信中。

自分の得意な分野を活かしつつ、多くの人の役に立てて頂けたら、と思っています。

分野を問わず、色々な悩みや季節の話題を書いています(๑´ڡ`๑)