shihoのブログな毎日

生活での役立つことや季節の事、ハンドメイド販売についてのサイト

ハンドメイド

ハンドメイド初心者でもイベントで売れるの?売り上げはどれくらい?

投稿日:2019年5月23日 更新日:

ハンドメイドの作品をたくさん作れるようになったら

ぜひ参加したいハンドメイドのイベントやマルシェ。

でも、初心者がイベントに出店したところで売れるの?と不安になりますよね。

そこで今回は実際にイベントの経験談も交えながら、ハンドメイドのイベントでの売り上げなどに関して詳しく書いてみました。

スポンサーリンク

ハンドメイド初心者でもイベント出店して大丈夫?

まだハンドメイドの作品を作り始めのころって、イベントやマルシェに出すのは勇気がいりますよね。

自分の作った作品を目の前で見てもらうのって、最初はとても緊張します^^;

「こんな作品でもいいのかな?」

「見向きもされなかったらどうしよう」

「他に安い作家さんがいたら、売れないかもしれない」

など、わたしもハンドメイドのイベントに初めて出したときは、考え出すとネガティブな考えがとまりませんでした。

でも、いざ前日になると、そんなことを考えていられないくらい必死で準備したり、イベントでのやり取りをイメージしたり、不安になっているヒマはなかったんですよね。

ただわたしの場合は、友達や知り合いなどから作って欲しい!という声が多数あり、最初から「売るために作る」という感覚があったので、イベントへの出展には抵抗がなかったんです。

しかも、作れば作るほど、頼んでくれる人が増える。

これは作品を作る上でとても自信になりました。

だからもし今、こんな自分でもハンドメイドのイベントに出展しても大丈夫なのかな?って不安になっているのであれば、まずは出店してみることをオススメします。

今までにネットや友達へでもいいので、ポツポツとでも作品が売れているのであれば、自信をもってイベントに出店すると良いと思いますよ^^

イベントに出店すると、実際に目の前で多くの人の反応を見ているとよく見られる作品と見向きもされない作品が手に取るようにわかります。

「ここがこうだったらもっとよかったのに」といった生の声を聞くことができるのも、対面販売の大きなメリット。

何人にも同じようなことを言われるのであれば、改善することでより多くの人が良いと思える商品になるということですよね。

イベントでファンがつく可能性も大いにありますよ(`・ω・´)

スポンサーリンク

ハンドメイドのイベントって売れるの?

ハンドメイドのイベントには基本的に出店料を払えばお店を出すことが出来ます。

出店することはできても、売れるか売れないかは出してみないとわからないですよね。

自分の作品が「売れる作品なのか、売れない作品なのか」はもちろん作品自体の魅力やそれを世の中の多くの人が欲しいと思うかどうかにもよります。

でも実は、自分の作品以外にも売れるか売れないかの大きなポイントがあるんですよ。

それはまず、イベント自体に大勢のお客さんがくるかどうか

これは結構大きなポイントで、有名な大きいイベントやマルシェには5万人の来場者など、お客さんがたくさん集まるイベントもあれば、そうじゃないイベントもあります。

有名ではない小さいイベントや、開催場所や開催日が微妙な場合、お客さんがかなり少ないことも。

たくさんの人に見てもらう方が必然的に買ってもらいやすくなると思うと、多くのお客さんが集まるイベントのほうがなんだかよさそうですよねw

ちなみにminneのハンドメイドマーケットやデザインフェスタなどの大きなイベントでは、入場料が必要です。

ということは、入場料を払ってでもハンドメイドの作品を作家さんから買いたいと思っているお客さんが集まるんです。

もちろん、作品のクオリティの高さやデザイン性は求められますが、フリマのように値切ってくる感じのお客さんとは違い、いいものだったら買いたいという人が多いように思います^^

また、イベントと自分の作品がマッチしているかどうかも大切。

いざフタをあけてみると、自分の作品と合わないイベントだった…ということもあり得ます(体験済w)

例えばデザインフェスタでは、かなりクオリティの高い作品を作る作家さんが多く出展されます。

このような大きなイベントに単純にパーツを組み合わせただけの、どこにでも売ってそうなブレスレットやピアスを持っていっても、多分売れないと思います。

イベントを選ぶときは、過去のイベントをネットで検索して雰囲気を見たり、画像検索でどんな感じの作品が販売されているのかをチェックするのがオススメです。

自分の作品を出しているところがイメージできるかどうか?も1つの目安になりそうですね。

ただ、出してみないことにはわかりませんし、同じイベントに出しても、売れるときもあれば売れないときもあります。

ブースの場所・天気・気温・他の大きなイベントに重なったなど、その時々によって売上は違ってきます。

一度出店してみて、全然だめだった…という結果になれば、そのイベントには出店しなければいいですし。

もうちょっとココを改良すれば、もっと良くなるかも。と思えたら、また次も出店してみたらいいと思いますよ^^

ハンドメイドのイベントで売り上げってどのくらい?

ハンドメイド作品を売って、主婦でも稼いでいます!

みたいなハンドメイドブームが到来し、その後やめた人って何人いるんでしょうかw

わたしが過去数回イベントに出店してきて思ったのは、売れる人はバンバン売れるし、売れない人は全然売れない。

これは顕著に分かれるように思いました。

実際にわたしが出店した小さいイベントの1つでは、出店料が数千円(忘れましたw)。

一緒に出店した数名の方の売上は、出店料の元がとれたくらい、結構売れたな〜で3万円いかないくらいでした。

また別のイベントでは(これも小さめ)3日間で少なくて4万円、多くて13万円という感じ。

有名な大きいイベントやマルシェでは、10万円を越える作家さんやもっと売り上げる方はたくさんいます。

もちろん作品の単価によって変わりますので、人それぞれという以外になにもないんですけどね^^;

とあるイベントに声をかけてもらってご一緒した、ちょっと有名な作家さんは3日間ずーーっと売れ続けていました。

買いにくるお客さんは、その作家さんを目当てにきていて、あとはどれを買おうか作家さんと相談して買いたい。みたいな感じでした。

その作家さんは見た目もちょっとカリスマ的な要素があって、お客さんも似たような雰囲気の方が多かったように思います。

その方は20万以上売り上げていました(わたしも同じブースで会計していたので他のヒトの売上までわかりましたw)

とまあ、作家によってもイベントによっても売り上げは変わってくるということがわかってもらえたでしょうか?

1回目はイマイチだったけど、その改善点を活かして2回3回と出店していくと色々なことが見えてくると思います。

まずは、自分が作った作品に自信をもって、出店してみてからその後を考えるといいと思いますよ^^

こちらも参考にどうぞ
関連記事ハンドメイド販売で売れない人が知りたい売れる商品の作り方とは?

ハンドメイド初心者でもイベントで売れる?売り上げってどれくらい?まとめ

初めてハンドメイドのイベントに出店するときは、緊張しますよね。

イベントでお客さんと触れ合えるのを貴重な場だと思えれば、自分の製作活動のレベルアップにも繋がります^^

自分のハンドメイド作品を多くの人に見てもらい、買ってもらうためにもイベントやマルシェはぜひチャレンジしてみてくださいね!

楽しむことが一番ポイントですよ♪

スポンサーリンク



-ハンドメイド
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハンドメイド作品が売れる人になるための考え方

ハンドメイドで少しでも稼げたら…   自分や家族、友達だけじゃなくて 見ず知らずの人が あなたの作った作品を気に入ってくれて 買ってくれる。   これって作業での苦労が一瞬で吹っ飛 …

ハンドメイド販売でオーダーはやった方がいい。

ハンドメイド作品を作り、 商品として販売するにあたって オーダー品を頼まれることもよくあります。   その時、あなたはオーダーを受けられますか? わたしの個人的な考えですが   オ …

ハンドメイド販売で売れない人が知りたい売れる商品の作り方とは?

スポンサーリンク ハンドメイド販売と一口にいっても色々なジャンルがありますよね。 ジャンルによって売れるものは違って当然です。 でも、ちょっとした考え方1つで売れ行きが良くなる商品を作れるコツがあるん …

初心者がハンドメイド作家になるためのマル秘ブログ記事まとめ

スポンサーリンク ハンドメイド初心者がどうすればハンドメイド作家になれるのかの記事をまとめています。 初心者向けの記事としていますが、ハンドメイド作家としてやってるけどまだサッパリという方も全て読むこ …

minneやcreemaなどのハンドメイド販売でクレームがきた時の対処*例文*

ハンドメイド作品を販売している方にとって 自分が大切に作った作品が売れるととても嬉しいですよね! でも届いて満足してもらえたかの連絡を頂くまでドキドキしませんか?   わたしはいつも商品発送 …

最新記事

最新記事

九州・福岡県の田舎に住んでいます。

日々の中での疑問や、九州の情報などを発信中。

自分の得意な分野を活かしつつ、多くの人の役に立てて頂けたら、と思っています。

分野を問わず、色々な悩みや季節の話題を書いています(๑´ڡ`๑)