shihoのブログな毎日

生活での役立つことや季節の事、ハンドメイド販売についてのサイト

お出かけ

祇園祭のちまきの中身は食べる?食べられるのはどこの山鉾?

投稿日:2019年6月2日 更新日:

祇園祭の縁起物、ちまき。

祇園祭のちまきは家に飾っておくといいますが、そのちまきの中身って何か知っていますか?

今回は、祇園祭のちまきの中身は何が入っているのか?

食べられるちまきを売っている山鉾はどこかを紹介します♪

スポンサーリンク

祇園祭のちまきの中身は食べる?

祇園祭のちまきを見て、食べられるのかな〜と思った人、いませんか?

「ちまき」というと、多くの方は端午の節句の時に食べるちまきを思い出す人も多いのではないでしょうか?

祇園祭のちまきは、端午の節句のちまきと似ていて細長くて笹の葉で包んであるので、食べるのかなと思いますよね。

端午の節句に食べるちまきは、中に白いお餅が入っていて美味しいんですよね〜。

でも、祇園祭のちまきの中身を見るのに開けてみて、食べるちまきじゃなかったら、元に戻せなさそうですよね。

はい、開けなくて正解ですw

祇園祭で販売しているちまきは食べられません

ただ例外として、食べられるちまきを販売している山鉾もあるのでのちほど紹介しますね。

では、祇園祭で売っているちまきの中身がなんなのか、気になりますよね。

祇園祭のちまきは、厄除けとして八坂神社の神様がそれぞれのお家を守ってくれる縁起物。

このちまきは、笹だけで作っているんです。

だから、ほどいて開けても中には何も入っていません^^;

この食べないちまきを「厄除けちまき」といいます。

お正月に飾る、しめ縄飾りのようなイメージですね。

わたしは子供の頃、厄除けちまきの中に白いお餅が入っていて、飾り終わったら食べるものだと思っていました。

玄関を通るたびに「まだ食べないのかな〜」と、ちまきを見ては美味しそうと思っちゃってましたねw

今思ったら、お守りの中身を見てみたいという心理と似ていますよね(゚ー゚)

祇園祭のちまきで食べられるのはどこの山鉾?

祇園祭で売っているちまきを食べられると思っていたのに、中身がなかったと知ってガッカリした方もいますよね。

実は、たくさんの観光客が食べられると思って買ったのに、食べられなくてガッカリしたという意見が多かったことから、

「食べられるちまき」を販売するようになった山鉾があります。

祇園祭で食べられる鉾ちまきを売っている山鉾は、2ヶ所。

・黒主山
・岩戸山

この山鉾では、毎年食べられるちまきを山鉾から販売していますので、ぜひ買ってみて下さいね♪

それぞれの山鉾の場所、ちまきの中身を詳しく紹介していきます。

※値段や販売期間は年によって変更される可能性がありますので、絶対手に入れたい!という方は、各山鉾に直接お問い合わせください。

スポンサーリンク

・黒主山

黒主山では、2007年から食べられるちまきを販売しているそうです。

(厄除けちまきも売っています)

毎年大人気で、すぐに売り切れてしまう年もあるそうですよ!

欲しい方は販売期間の早めに買いにいくことをオススメします♪

1日の限定個数が決まっているのでまさに早い者勝ちですね。

黒主山の食べられるちまきは、亀屋吉長さんという和菓子屋の「ちまき麩」といって、生麩で作られています。

黒糖風味で、白いちまきとはちょっと違っていますが、もちもちとした食感が人気です。

黒主山のちまき麩の販売期間は、後祭り21日から3日間

値段は3本1,500円。

黒主山の場所:中京区室町通三条下ル

岩戸山

岩戸山では、2017年から食べられる生ちまきを販売するようになりました。

つい数年前からですね〜。

こちらは、料亭「木乃婦」さんで作られているちまきです。

岩戸山ではイートインできるスペースもあるので、祇園祭を見て回る休憩にとってもいいですね!

生ちまきの値段は3本 1,000円、5本 1,500円。

3本のうち2本は和三盆、1本は黒糖と二種類の味を楽しめるのも嬉しいですね。

岩戸山の場所:京都市下京区新町通高辻上ル

祇園祭のちまきの中身は食べる?食べられる山鉾はどこの?まとめ

祇園祭のちまきは、京都の街を歩くと軒先などでよく見かけます。

京都の人にとって、祇園祭でいただけるちまきは大切なんですね。

ちまきの中身がないと知ったときのショックは隠せませんがw

でも、厄除けちまきと食べられるちまきの両方を買うと、とても縁起がよくなりそうですよね♪

スポンサーリンク



-お出かけ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

時代祭に御所の駐車場の混雑具合と交通規制の時間帯は?

京都の三大祭りである、時代祭。 車で行く場合、京都の中心地というだけあって駐車場探しに苦労しそうです。 京都御所の臨時駐車場や御所までの便利な駐車場をご紹介。 時代祭当日の混雑具合や交通規制についても …

道の駅おおとうのコスモスの開花状況や見頃は?駐車場の混雑具合は?

福岡県田川郡の「おおとう花公園」は 道の駅おおとう花街道のすぐとなりにあり、毎年秋になるとコスモス畑が1面に広がります。 せっかく見に行くなら、ベストなタイミングで行きたいですよね。 先日、実際に道の …

なばなの里のイルミネーションの服装は?どのくらい寒い?持ち物は?冬編

国内最大級のイルミネーションで有名な、なばなの里! スポンサーリンク クリスマスシーズンも近づいてきたこの時期、デートで行かれる方も多いですよね。 そこで今回は冬の時期、なばなの里のイルミネーションデ …

朝倉市の秋月城跡の紅葉はいつ頃?見どころや混雑具合は?

九州の小京都と言われる秋月城跡周辺。 昔ながらの建物がたくさん残っており、風情溢れる城下町という感じです。 スポンサーリンク そんな秋月城跡周辺は、紅葉の時期にはたくさんの観光客でにぎわうほど、有名な …

片貝まつり花火大会の駐車場でおすすめ&混雑する時間を詳しく!

越後三大花火の一つ、片貝まつり花火大会。 世界最大の花火が打ち上がる片貝まつり花火大会は、年々人気が高まって全国から人が集まります。 会場近くには駅がなく車で見に行く人が多いので、駐車場情報を事前にチ …

最新記事

最新記事

九州・福岡県の田舎に住んでいます。

日々の中での疑問や、九州の情報などを発信中。

自分の得意な分野を活かしつつ、多くの人の役に立てて頂けたら、と思っています。

分野を問わず、色々な悩みや季節の話題を書いています(๑´ڡ`๑)