shihoのブログな毎日

生活での役立つことや季節の事、ハンドメイド販売についてのサイト

お出かけ

亀岡の出雲大神宮はやはりパワースポットだった!不思議な体験談。

投稿日:

出雲大神宮の不思議top

京都にはたくさんのパワースポットや縁結びの神社があります。

京都市の隣の市、亀岡市にある出雲大神宮は知る人ぞ知る穴場なんです。

実際に出雲大神宮へ紅葉を見に行ってきましたので、ご紹介♪

パワーが強かったのか、境内で不思議な体験をしたんですよ~

スポンサーリンク

亀岡の出雲大神宮はやっぱりパワースポットだった!

亀岡出雲大神宮の千年宮鳥居

京都市の隣に位置する、亀岡市の出雲大神宮。

京丹波地域で一番格式の高い神社と言われています。

今回は、最強のパワースポットとしても人気のある出雲大神宮へ紅葉を見に行ってきました!

御影山のふもとに位置するため、山の中に入っていくゾーンもあり、境内は結構広いです。

長寿・縁結び・金運にご利益があるとのこと!!

全部は回れていませんが、見どころがたくさんありましたのでたっぷり紹介していきます♪

出雲大神宮基本情報
参拝時間:参拝自由 (社務所9:00~17:00)
休み:なし
住所:京都府亀岡市千歳町出雲無番地
電話:0771(24)7799 
公式HP:http://www.izumo-d.org/
アクセス:JR嵯峨野線「亀岡駅」より亀岡市ふるさとバス「出雲神社前」下車
車の場合は、京都縦貫道「千代川IC」より約10分。

千年宮鳥居

亀岡出雲大神宮の千年宮鳥居

それでは早速、まずは境内への入り口の千年宮鳥居から。

画像の手前の道を真っ直ぐ行くとバス停があります。

左に行くと、大駐車場があります。

紅葉シーズンということで、鳥居のすぐ横の駐車場には車がたくさん止まっていました。

11月10日くらいだったので七五三詣をする方もいましたよ。

御影山のふもとに位置する出雲大神宮は、入る前から神聖な空気が漂っています^^

落ち葉アート

亀岡出雲大神宮の落ち葉アート

鳥居を入ってすぐに目に飛び込んでくる、可愛い落ち葉アート。

初めて見た〜とっても可愛い!!

亀岡の神社では落ち葉アートをしているところがいくつかあり、この出雲大神宮の落ち葉アートが有名になった先駆けだそうです。

ニコちゃんもめっちゃ可愛い!!

亀岡出雲大神宮の落ち葉アート

イチョウや紅葉以外のお花も使って丁寧に作られています。

亀岡の出雲大神宮の落ちばアート

この時点でテンション爆あがりしました笑

辨財天社(べんざいてんしゃ)

亀岡出雲大神宮の辨財天社

(逆光で真っ暗〜)

鳥居から少し歩くと左手に弁財天社が現れます。

こちらは、お社が神池にせり出しています。

出雲大神宮の紅葉

財運、芸能、音楽の神様というとこで、わたしもご利益を得られるようしっかりと手を合わせてきました♪

女性の神様ということで、勝手に親近感が湧きました^^

しあわせ、なでうさぎ

出雲大神宮のしあわせうさぎ

参道を挟んで弁財天社の斜め向かいにはとってもかわいいうさぎさんが!!

こちらはしあわせ、なでうさぎ。

うさぎはピョンピョンと飛び跳ねることから、運気の上昇や飛躍を象徴する動物と言われているそうです。

また、自分の体の痛いところとしあわせなでうさぎの同じ部位をなでると、痛みや病気を取り除いてくれるそうですよ。

たくさんの人に触ってもらえるよう、優しくなでてきました♪

一之鳥居と手水舎(ちょうずや)

出雲大神宮の鳥居

「しあわせ、なでうさぎ」をすぎるとすぐに一之鳥居があります。

こちらを過ぎると、いよいよ本殿のある場所へと入っていきます。

鳥居をくぐると手水舎(ちょうずや)がありました。

出雲大神宮手洗い場

水は流れているもののコロナの影響で手を洗うのは、はばかられますね^^:

真名井のいずみと真名井の水

出雲大神宮の真名井の水

手水舎(ちょうずや)のすぐ隣に、真名井のいずみがあります。

こちらとっても不思議で、岩の間から水が勢いよく横向きに飛び出しているんです!!

ポッコンポッコンという音を立てながら、飛び出る水はなんとも不思議でした。

そのすぐ横に「真名井の水」があります。

こちらは参拝者が持ち帰れるようになっていて、煮沸して飲んでいいそう。

自然界には珍しいほどのミネラルバランスが良いお水だそうですよ!

毎月第4日曜の11時から真名井の水(まないのみず)感謝祭が執り行われています。

夫婦岩

出雲大神宮の夫婦岩

真名井のいずみの隣に真っ赤な鳥居と二つ並んだ岩があります。

社務所にてお守りを授かると赤い糸がついてきます。

夫婦岩に縁結びのお守りの赤い糸を結び、ご縁を結んでいただけるようお祈りしましょう。

また、良縁を結んでくれる「えんむすびまつり」が毎月第4日曜の午後2時から行われています。

初穂料は3,000円か5,000円で、当日社務所にて1時40分までに受付をしましょう。

とってもいいご縁がいただけそうですよ♪

スポンサーリンク

大国恵比須舎

出雲大神宮の大黒恵比寿

夫婦岩の隣には大国恵比須舎があります。

中には商売繁盛の神様と言われる、恵比寿さまがお二人・・!!!(人ではないか)

ニコニコと幸せなお顔をされていて、こんな笑顔でいれる人でいよう!と思いました^^

拝殿

出雲大神宮の拝殿

参拝するまでにちょこちょこと足を止めてしまいましたが、拝殿前につきました。

10月21日には巫女さんの御神楽が奉納されるそうです。

こちらでお参りをし、その直後。。摩訶不思議なことが起こりました。

出雲大神宮の拝殿奥

そのエピソードはまた後ほど紹介しますね!

いよいよ鎮守の社の中へ入っていきます。

出雲大神宮の鎮守の社

春日社

出雲大神宮の春日社

鎮守の社の鳥居から、左方向へ歩いていくとつきあたりに春日社があります。

この辺り、すでにかなり神聖な空気がプンプンしていて、わたしは頭がグラグラしていました^^;

パワースポットは磁場が強く、色んなことが起こると言われていますが、どこまで信じるかはあなた次第。。

といったところでしょう。

でも実際このあたりから、外に出るまで平衡感覚がずっとおかしかったのは事実です。

磐座(いわくら)

出雲大神宮の磐座

この大きな岩がパワースポットとして神社が紹介している磐座(いわくら)。

とても大きな岩で、なんとも不思議な雰囲気を醸し出されていました。

この磐座は、神の領域でしめ縄で境界が引かれています。

手を合わせて静かに良縁(特に金運につながるご縁)を真剣に祈ってきました!

何にしても、この一帯は神聖さがすごかったです。

御蔭の滝(みかげのたき)

出雲大神宮の御蔭の滝

画像ではちょっとわかりづらいですが。。

真ん中右奥に滝が流れています。

地域の源として崇められているそうです。

こちらが滝から流れていく先の方向です。右手に古墳、左手に次に紹介する稲荷社があります。

出雲大神宮の御蔭の滝の流れ

稲荷社(いなりしゃ)

出雲大神宮の稲荷社

こちらはお稲荷さんとして、馴染みのある稲荷社。

五穀豊穣、商売繁盛の神様です。

出雲大神宮では毎月23日に稲荷社祭が執り行われています。

上の社(かみのやしろ)

出雲大神宮の上の社

稲荷社の横手の階段を上がると、上の社があります。

こちら御祭神はスサノオミコト、厄難消滅の神とのこと。

毎月14日に上の社が執り行われています。

御蔭山(みかげやま)

亀岡の御蔭山

出雲大神宮のご神体山である、御蔭山に入るには社務所へ申し出る必要があります。

神域への入山ということで、タスキを受け取ってから登ることができるということです。

毎月25日午前10時より、國祖祭が執り行われています。

わたしはあまりにもグラグラしていたので、上には上がららず、次の笑殿社へ向かいました。

出雲大神宮の御影山の入り口

笑殿社(わらへどのしゃ)

出雲大神宮の笑殿社

こちら健康・医薬と商売繁盛の神様ということです。

いいお名前ですよね〜!

何だかほっこりします。

亀岡の出雲大神宮での不思議な体験談

鎮守の社の鳥居をくぐり、少し進んだところから出雲大神宮を出るまでのグラグラとした感覚も不思議な体験だったのですが。

それより摩訶不思議なことが、拝殿へのお参り直後に起こったんです。

お参りし終わったあと、すぐ横にあった大きな干支の絵馬の写真が撮りたかったので、スマホ(iphone)をポケットから出しました。

ポケットから出したスマホの画面が真っ黒になってたんです。

電池が十分にあるのはわかっていたのですが、電源が落ちちゃたのかな?とボタンを長押しするも無反応。

画面の明るさが一番暗くなってしまってるだけかな?と思ったけど、どうしようもなく真っ暗。

しょうがないので写真は諦めようと拝殿から遠ざかった途端、何事もなかったかのように画面がぱっと戻りました。

画面が戻った直後から、動きが遅いとかおかしいとか一切なく。

この記事で載せた画像のほとんどは、画面が真っ暗になったあとに撮ったんです。

今までこのスマホで一度も経験のないことだったので、びっくりしました。

ちなみにいろんなボタンをポチポチ押していたからか、画面は真っ暗なのに突然Siriが何度も喋り出したのは怖かったです。。

拝殿の後ろに磐座があることをあとで知り、パワーが強力すぎたのかしら。。と思いました。

その二日後、道路を歩いていると新札の1,000円札が落ちているではありませんか・・・!!!

えっ、こんなことある?!?!

ちなみに京都への宿泊は以下のサイトがオススメです。

>>安心の日本旅行でのGo Toトラベルキャンペーンはこちら

>>GoToトラベル×一休.comでかなりお得に京都のホテルを予約する

亀岡の出雲大神宮はやはりパワースポットだった!不思議な体験談。まとめ

亀岡の出雲大神宮の紅葉を詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
関連記事亀岡の出雲大神宮の紅葉具合と混雑状況や駐車場とライトアップ紹介

京都市内からも日帰りで行けるので、とてもオススメです。

見どころ満載で、ゆっくりと時間をかけて回ると良いと思います。

わたしも必ずお礼参りに訪れたいと思います♪

この記事を読んでくださった皆さんにも良き事がたくさん訪れますようにお祈りしています^^

スポンサーリンク



-お出かけ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

淀川花火大会の十三側の混雑する時間は?帰りの混雑回避は?

ダイナミックな演出が人気のなにわ淀川花火大会。 水上から打ち上げられる花火は感動もの。 淀川の十三側河川敷では、花火を近くで見ようと毎年多くの人で大混雑します。 そこで今回は、十三側の混雑具合や混雑す …

関門海峡花火大会は門司側と下関側どっちの場所がおすすめ?

関門海峡花火大会は、西日本最大級の大花火大会。 人気の理由の一つ、他では見ることができない、福岡県と山口県の両側からの花火の競演! そこで気になるのは、門司港側と下関側のどっちから見るのが綺麗か?とい …

関門海峡花火大会の駐車場 門司側の混雑やアクセスが車の場合!

スポンサーリンク 関門海峡花火大会を車で見に行きたい場合、 どこの駐車場に止めたら良いのか悩みますよね。 ここでは、門司側の駐車場はどこがいいのかを紹介しています。 また、何時ころに駐車場が満車になる …

マリンワールド海の中道はお弁当や食事の持ち込みOK?食べる場所は?

福岡市内のマリンワールド海の中道は、子連れや家族のお出かけスポットとして親しまれています。 スポンサーリンク 館内にはレストランやカフェもありますが、お弁当を持ち込んで食べたいときは、持ち込み可能かど …

山鉾巡行のおすすめの場所や見どころ情報!場所取りは何時から?

京都の祇園祭は毎年多くの見物客でにぎわいます。 山鉾巡行の基本情報をもとに、オススメの見る場所を詳しくご紹介。 見どころをおさえる場所取りについてや、何時頃に行っておくといいかをまとめています。 山鉾 …