shihoのブログな毎日

生活での役立つことや季節の事、ハンドメイド販売についてのサイト

レザー関連

イルビゾンテ ヌメの経年変化【1ヶ月】コインケースの色の変化具合は?

投稿日:

イルビゾンテのコインケースを使い始めて1ヶ月経ちました。

使用しているのはヌメ革なので、1ヶ月でどのように変化したのかが楽しみです♪

このコインケースは使う前に日の当たる室内で日光浴させています。

日光浴をさせた詳細の記事はこちらの「イルビゾンテのヌメを日光浴!日焼け具合や購入後にすることは?」記事からどうぞ!

スポンサーリンク

イルビゾンテのコインケースの経年変化!ヌメの変化を紹介

毎日使うコインケース。

ヌメ革だと使うほどに経年変化するのが、最大の魅力ですよね。

そんなヌメ革の中でもエイジングが早いといわれる、イルビゾンテのコインケースを使い始めてから1ヶ月が経ちました。

この記事では1ヶ月でヌメ革にどのくらいの変化があったのか、画像で比較していきます。

今回のコインケースはヌメ革(ナチュラル)ということで、使い始めは気をつけることがありましたね〜。

わたしはできるだけ綺麗に経年変化させたいので色々と気を使っていますが、そんなに難しいことはありません^^

のちほど、ヌメ革を使い始めるときの注意点も紹介していますので、参考にしてくださいね。

とりあえず、どう変化したのか画像で見てみましょう。

今回のコインケースはボックスタイプで、ガバッと開いて中が見やすい形になっています。

1ヶ月使ったイルビゾンテのヌメ革のコインケースはこんな感じになりました。

う〜ん、使い始めて1ヶ月とは思えない色の濃さですw

写真で見るのと実物とは色の濃さや色合いが若干違いますが、最初のときより確実に「焦げ茶」感が増しています。

フタの部分のイルビゾンテマークの右上あたりに、日光浴をしている期間中に手についていたほんの少しの水滴がついてしまいました^^;

今後、この部分がどのくらい濃くなっていくのかも気になります。

次は、日光浴直後で使い始める前のコインケースとの比較はこんな感じ。

できるだけ同じ条件で撮影していても、どうしてもその日の天気や撮影具合で明るさなどが違ってしまいますが、実物に近い状態の色になるように撮影しています。

ただ、日光浴後のシワ感は実物より写真の方がちょっと強いかな?って思います。

次にコインを入れているところの中はこんな感じになりました。

硬貨って汚いんですねw

1ヶ月で内側はかなり汚れました。

このボックスタイプのコインケースは中身が見やすいだけあって、どうしても汚れも見えやすいですね。

あと、汚れだけではなく硬貨が押されたあとの型が革についています。

イルビゾンテのヌメ革は柔らかいので、型もつきやすいのかもしれません。

やはり摩擦や圧がかかる場所は早く色が濃くなりますね〜。

ちなみに、フタの下側の革にはボタンの跡のところだけ色が濃くなっています。
(矢印のところ)

縫い目の形にへこんでいる部分、わかりますか?

フタの下側のステッチの凹凸までもが経年変化中…ヌメ革ってすごいですw

後ろはこんな感じに。

裏側も使う前に水分のシミをつけてしまったので、そこだけこれからも濃くなっていくと思います^^;

今の時点では血管の跡の部分だけが、他の部分より色が濃くなっていますね。

スポンサーリンク

あと、コバ(革の端っこの断面)はちょっと目がつまってきた感じがします。

コバに何も処理がしてないってことは、汚れやすいんですよね。

1ヶ月でコバが結構汚れた様な気がします。

イルビゾンテの特徴である、ナチュラル感やカジュアル感が好きな人もたくさんいると思います。

でも、コバが汚くなってくるのって防ぎようがないので、「革の断面は汚れてしまうもの」と思える人じゃないと、汚いと感じてしまうかもしれません。

わたし的には汚れやすいなら、汚れる前に磨いておきたい気もします…w

結局は革の表面の目を詰まらせると、汚れがつきにくいようになるんですよね。

イルビゾンテのヌメ革は、あまり目の詰まっている革じゃないので。

トコノールと紙ヤスリで磨いてピカピカにしてもいいんですが^^;

まだ1ヶ月なので、とりあえずはこのままいきたいと思います。

あと、スナップボタンはちょっとこすれて表面が剥離しているところがでてきたような…?

ちょっと色が変わっているところは、おそらくメッキがはがれているのだと思います。

まだ1ヶ月なのでそこまで汚くはなってないので、よしとしますw

ただ、少しの水分や油分でもシミになってしまうのがヌメ革のデメリット(?)と言えると思います。

あと、ヌメ革のエイジングで難しいのが色ムラですね。

全体を均等に経年変化させていくには、やはり手入れが必須となってきます。

関連記事イルビゾンテのヌメは手入れしないとエイジンが汚いって本当?

わたしが使い初めの頃に特に気をつけたのは、

・水分はゼッタイつけない
・油分もゼッタイつけない
・鞄の中でもほかのモノとの摩擦ができるだけない場所にいれる
・ポケットにはいれない
・爪を立てない
・気が向いたらブラッシング

こんな感じです。

とくにコインケースの場合、他に革財布を持っているので、その財布と摩擦がおこって色移りしたりしないように離れてバッグに入れることを心がけています。

色によっては、摩擦で色移りしてしまう可能性もあるので。

できるだけ綺麗な状態で経年変化させたいので、ちょっとめんどくさい時もありますが、上記のことは今でも守っています。

あと、色の変化以外のところで気になったのは、

普段わたしはバッグに入れて持ち歩いているんですが、気付いたら1円玉が1枚バッグの中に転がっていました^^;

ボックスタイプのコインケースあるあるですね〜・

小銭はこまめに出すタイプなので入っている枚数は少ない方なんですが、このコインケースの構造上しかたないのかな〜と思います。

クリスマスや誕生日などにイルビゾンテのコインケースをプレゼントしようかな。と考えている方もいると思いますが、プレゼントとしてはちょっとどうかな〜といった感想です(個人的に)

イルビゾンテでボックスタイプのコインケースを欲しがっている人へのプレゼントとか、自分へのプレゼントにこれが気に入ったとかなら全然良いと思います、オススメできます。

でも、コインケースでどんなのが良いかなって迷ってるなら、他の形でもいいんじゃないかなって思います。

だって、使っててコインがすべり出てくるコインケースってどうなの?って感じになりません^^;?

とはいえ、わたしは今のところ変化も楽しみだし、気に入って使っているのは間違いないです。

いまだに毎回レジで小銭出すのがワクワクしますw

次は2ヶ月使ってみたら、どのくらいの変化があったのかを報告するので、お楽しみに!

今回のコインケースの口コミはこちらからどうぞ〜
関連記事イルビゾンテ コインケースの口コミ|使い勝手や評判はどう?

イルビゾンテ ヌメの経年変化【1ヶ月】コインケースの色の変化具合は?

イルビゾンテのヌメ革は、とてもエイジングが早いというのはかなり事実ですね。

1ヶ月でここまで色が変わると、2ヶ月、半年となったらどれだけの変化があるのか…?

想像がつきません^^;

ヌメ革を育てるのが楽しいと思ってもらえるといいな〜と思います♪

参考にしてくださいね☆

スポンサーリンク



-レザー関連
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ヌメ革ナチュラルの経年変化を画像で大公開!日光浴を2ヶ月したら…

大切に育てていきたいヌメ革。 使い始めのナチュラルな色から、どのように経年変化していくのか気になりますよね。 出来るだけ失敗せずに育てていきたいですよね。 そこで、ヌメ革を実際に日光浴させたり、磨いた …

イルビゾンテのヌメは手入れしないとエイジンが汚いって本当?

スポンサーリンク こだわり抜かれたイルビゾンテのヌメ革。 せっかくのヌメ革を育てるなら、できれば綺麗にエイジングさせたいですよね。 今回は、イルビゾンテのヌメ革を手入れするのとしないのとでは、どのよう …

ヌメ革のエイジングをブログで公開中!日焼け3ヶ月目はこんな感じに!

ご覧頂きありがとうございます! 当ブログでは、ヌメ革のエイジングをブログで1週間ごとに報告しています。 このページは3ヶ月目の報告になりますので、 過去の記事を読んでいない方は、 前2つの記事を読むと …

ヌメ革の手入れは最初なにをするべき?頻度や上手な育て方まとめ

ドキドキワクワクの新品のヌメ革。 最初に何をしたらいいのかな〜と思っている方! できるなら上手に育てて、綺麗な飴色へエイジングさせたいですよね。 そこで今回は、ヌメ革の製品を手に入れた最初の手入れ方法 …

ニートフットオイルの塗りすぎたらどうなる?日光浴もさせてみた!

「ニートフットオイルは塗りすぎないようにしましょう」 よく目にしますよね。 じゃあ、塗りすぎたらどうなるの?さらに日焼けさせたら、どうなっちゃうの? と思ったので実際にニートフットオイルをたっぷり塗っ …

最新記事

最新記事

九州・福岡県の田舎に住んでいます。

日々の中での疑問や、九州の情報などを発信中。

自分の得意な分野を活かしつつ、多くの人の役に立てて頂けたら、と思っています。

分野を問わず、色々な悩みや季節の話題を書いています(๑´ڡ`๑)