shihoのブログな毎日

生活での役立つことや季節の事、ハンドメイド販売についてのサイト

ハンドメイド

ハンドメイドの販売って初心者でも出来る?始め方と注意点は?

投稿日:2017年9月27日 更新日:

今は超初心者の方でも、ハンドメイド販売してる方はたくさんますよね。

自分もあんな風に作ったものを売ってみたい!!と思う方も多いと思います。

そこで今回はハンドメイド販売の初心者でも出来る販売方法と、

ハンドメイド販売の始め方注意点をまとめました♪

スポンサーリンク
  

ハンドメイドの販売って初心者でも出来る?

今では各地でハンドメイドイベントやマルシェなども頻繁に開催されていて、素人でも気軽に販売出来ます

ハンドメイドの販売が全くの初めてということであれば地域のバザーやフリマ、地元のイベントの出店から始めてみるのも良いと思います。

実際に目の前でお客様が自分の作品をどのように見るのか、どんな反応があるのか、
値段設定はどうなのか、など直接見るのはとても勉強になります。

自分ではこれが売れるだろう!と思っていても違うものが先に売れていったりと”作り手”では気付かないことを”買う側”が教えてくれるのです。

他にもネット販売ハンドメイドサイトなどでも
気軽にハンドメイドを販売することが出来ます。

ネット上にはさまざまなハンドメイドサイトがありますし、登録も簡単です。

全国の色んな方が利用しているので、沢山の人の目にとまれば売れる確率も上がります。

サイトにより、それぞれ年齢層や売れ筋のタイプも違うので色々なサイトを見比べた上で
あなたの作品に合うサイトに出しましょう♪

やってみると、思ってるよりもきっと簡単にできますよ。

迷っていてやらないうちはゼロだけど、やってみようと行動に起こすことでスタートラインに立つのですから♪

ハンドメイド販売の始め方

ハンドメイド作品を販売し始めて「すぐに飛ぶように売れていく」…という方はごくまれで、ほとんどの方はなかなか売れずに試行錯誤されていると思います。

ですので、最初は色々と難しく考えずに販売してみましょう。

「良いものを作っているんだから、絶対に売れるハズ!」と思って販売してもふたをあけてみると全然売れない…ということもありますので^^;

ハンドメイドの販売はとりあえずやってみるというスタートでも全然良いと個人的に思っています。

(販売する作品はとりあえずじゃダメですよ^^;)

最初は誰でも初心者ですよね。

でも、継続していくうちにだんだんと改良していくところが見えてくると思います。

まずはその一歩を踏み出してみましょう♪

売れる商品を作る

まず、あたりまえですが売れる商品がなければ売れませんよね。

自分の好きなものだけを作って売れればそれでいいのですが、なかなかそうもいきません。

逆に売れるけど好きではないものを作り続けるのはモチベーションが持たないと思います。

そこで大切になるのが「売れる商品」を作るコト。

売れる商品を作るにはマーケティングしたうえで、ニーズのある商品を作っていく方が、売れる作家になりやすいです。

多くのハンドメイド作家さんたちは、マーケティングせずに今流行っているものに乗っかって作っている印象が強いです。

流行のものを手作りしている人は、次から次へと違うものを作っていますが本当に売れているハンドメイド作家さんは自分のオリジナルと流行をうまくマッチさせているんですよね。

ハンドメイド作品では、アクセサリーの分野の作家さんがかなり多いといわれています。

同じような手作りアクセサリーが売っていても、よく売れている作品とそうでない作品があるのですが、そういったものの違いは何だろう?と自分の頭を使って考えることが大切。

ハンドメイドの販売を始めるときに参考になる本などもたくさん販売されていますので、それらを参考にしてもいいと思います♪

作家名・ブランド名をつける

ハンドメイド作品を作って、商品として販売してくときに自分を名乗る作家名とブランド名が必要になります。

これは、これからハンドメイド作家として活動していく上でずっと使っていくものなので、気に入ったものをつけましょう。

ハンドメイド作家名の付け方のコツやアイディアを詳しく書いている記事も参考にどうぞ。

関連記事ハンドメイド作家の名前とブランド名の決め方!コツやアイディア♪

販売経路を決める

当たり前ですが、販売するということは自分の作った作品を売る場所が必要ですよね。

そこで、主婦などの個人でも簡単に販売できるところを自分なりに見つけましょう。

  • ハンドメイドイベントやマルシェなど
  • 実店舗での委託販売
  • ネット販売、ハンドメイドサイトでの販売

など。

実店舗での委託販売は敷居が高く感じるかもしれませんが、意外とそうでもなかったりします。

スポンサーリンク

ハンドメイドイベントに出店した時に雑貨店やギャラリーなどのオーナーの目にとまり、実店舗で取り扱ってもらうことになることもありますし。

今はハンドメイド作家のお店とかもちょこちょこできてますよね。

カフェや美容室のレジ付近にハンドメイドのアクセサリーを販売しているお店も見かけます。

また、ネットでの通販にチャレンジしてみて、ハンドメイドサイト主催のイベントで実際に出店してみるのも楽しいと思います。

販売方法や販路はどれか1つだけに決める必要もないですし、ハンドメイドサイトも複数サイト登録しておいて、なおかつ委託販売ということも可能です。

在庫や注意書きに気をつければ複数の販売先に出品しても大丈夫ですよ。

ハンドメイド作品の販売は、やっていくなかでさまざまな人と出逢いや繋がりが出来ていくのも、楽しみの一つだったりしますよ♪

関連記事ハンドメイド初心者でもイベントで売れるの?売り上げはどれくらい?

最初はマイナスでも継続する

最初はなかなか売れず、材料費と手間賃がマイナスになることもあるかもしれません。

ある程度の初期費用は必要経費となりますのであきらめずにコツコツやっていきましょう。

本来、起業したりお店を出すというのは数百万〜数千万円の資本金が必要だったりします。

そう思えば、材料費や手間賃などを考慮した価格をつけて、自分の好きなハンドメイドでお金をいただけるというのは、初期費用を考えると始めるにはハードルの低い商売だと思います。

例えば、始めたての最初のうちは梱包材料などにはあまりお金を書けずに、100均のラッピング商品に少し手を加えて見栄えを良くすることもできますよね。

他のハンドメイド作家さんのやっていることを調べてみて、自分なりに知恵を絞ったりしてみてください^^

ロゴ入りの名刺や台紙を作るのは利益が出てからでも良いと思います。

利益が出始めるまで安いものをかわいく工夫して使うなどをしてみて下さいね。

とりあえず1年頑張る!などの目標を自分なりに決めて継続する事が大切ですよ^^

ハンドメイドを販売する際の注意点

ハンドメイド作品を販売するということは商売をするということ。

商品を作ること以外にも色々と勉強すること強くをおすすめします。

副業やおこずかい程度だから…という場合でも、人にモノを売ってお金を頂くということには色々と気をつけなければいけないことがあります。

ここではハンドメイド販売をするときに気をつけたい、代表的な注意点を5つ挙げておきます。

商用不可の材料もある

よく、キャラクターやブランドものの生地やパーツなどを使用して販売している人がいますが、

「製品化して販売することは禁じられています」などの表記がある場合は加工して販売することは法に触れることになります。

必ず確認して、製品化が不可のものは販売しないようにしましょう。

訴えられたら完全に負けです。

人がやっているから自分も良いだろうという考えは今すぐ捨てて下さい^^

デザインの複製

手芸本やインターネットに載っているデザインや作り方などはマネしたいこともありますよね。

ですが、そのまま複製し、販売することも著作権の問題となる場合もあります。

全く同じデザインと作り方で作ったものを販売する事が可能かどうかの記載がない場合は、

必ずメールや電話などで問い合わせて、許可をもらってからにしましょう。

トラブルもある

お客様の中でも色々な方がいます。

始める前から考える必要はありませんが、自分がトラブルに合ったときに対応出来る策を考えておきましょう。

また、購入前に必要であれば、注意事項をあらかじめ伝えることはとても大切です。

お買い上げ頂いた後も、必要に応じて取り扱い注意点の紙などを作品と一緒にお渡しするようにしましょう。

できるだけ、自分のミスでのトラブルがないように気をつけるクセをつけるといいと思いますよ^^

中にはクレーマーのような方もいる場合もありますが。。

販売手数料をとられる

実店舗での委託販売でも、ネット販売でも販売手数料をとられますので、それらも上乗せして価格設定をしましょう。

利益を上げないことには、ハンドメイドを続けていくことが辛くなります。

価格設定が上手くできないで、結局は利益がでないままダラダラとハンドメイド作品を売っている人もいます。

趣味として続けたいならそれで良いと思いますが、売るからには売り上げを上げて利益をだしたいですよね。

値段設定は重要なポイントの一つになってきます。

確定申告

ハンドメイドである程度の収入が得られるようになり、年間38万円を越えると確定申告が必要になります。

また、副業としてハンドメイド販売をする場合は、20万円までは申告は不要とのこと。

このあたりについてはもう少し詳しく、別の記事で書いていこうと思います。

ハンドメイドの販売って初心者でも出来る?始め方と注意点は?まとめ

ハンドメイド作品の販売とはいえ、商品を売るからには真剣に向き合う必要があります。

お客様に喜んでもらえた数が売上に直結します。

最初はなかなか売れずに諦めたくなる事もあるかもしれませんが

せっかくやるなら楽しみながら、頑張って続けていきましょう!

スポンサーリンク



-ハンドメイド
-,

執筆者:


  1. […] 関連記事ハンドメイドの販売って初心者でも出来る?始め方と注意点は? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハンドメイド初心者でもイベントで売れるの?売り上げはどれくらい?

ハンドメイドの作品をたくさん作れるようになったら ぜひ参加したいハンドメイドのイベントやマルシェ。 でも、初心者がイベントに出店したところで売れるの?と不安になりますよね。 そこで今回は実際にイベント …

ハンドメイド作品が売れる人になるための考え方

ハンドメイドで少しでも稼げたら…   自分や家族、友達だけじゃなくて 見ず知らずの人が あなたの作った作品を気に入ってくれて 買ってくれる。   これって作業での苦労が一瞬で吹っ飛 …

ハンドメイド作家の名前とブランド名の決め方!コツやアイディア♪

ハンドメイド作家として活動するときに重要になってくる作家名やブランド名。 スポンサーリンク これから自分の作品を多くの人に知ってもらって、買ってもらうときに ずっと使っていける名前をつけたいですよね。 …

ハンドメイド販売でオーダーはやった方がいい。

ハンドメイド作品を作り、 商品として販売するにあたって オーダー品を頼まれることもよくあります。   その時、あなたはオーダーを受けられますか? わたしの個人的な考えですが   オ …

minneで売れない!あなたのハンドメイド作品が売れない理由5つ

ハンドメイドで作品を売ろうと思って、 スポンサーリンク minneに登録したけどさっぱり… な〜んて思ってる方、多いですよね。 売れないんです。そんなもんなんですよ。 でも、売れる作家になるために必要 …

最新記事

最新記事

九州・福岡県の田舎に住んでいます。

日々の中での疑問や、九州の情報などを発信中。

自分の得意な分野を活かしつつ、多くの人の役に立てて頂けたら、と思っています。

分野を問わず、色々な悩みや季節の話題を書いています(๑´ڡ`๑)