shihoのブログな毎日

生活での役立つことや季節の事、ハンドメイド販売についてのサイト

生活トピックス

喪中にお歳暮をもらったらお返しはしていい?マナーは?のしはどうするべき?

投稿日:2017年10月6日 更新日:

喪中ハガキを送ったにも関わらず、
お歳暮が届いた。という場合、
どうしたら良いのでしょうか?

こういったとき
相手に失礼のないようにしたいですよね。
そこで今回は、
喪中にお歳暮を受け取っても良いのか?
お返しはしたほうがいいのか?
お返しをしてよい場合、のしはどうしたらいいのか?
をまとめました。

送る相手が喪中の場合は関連記事から
→お歳暮は喪中の方に送ってもいい?マナーは?のし紙はどうしたらいい?

スポンサーリンク
  

喪中にお歳暮をもらったらお返しはしてもいい?

お歳暮とは、日頃お世話になっている方へ
「今年もお世話になりました。来年も宜しくお願いします。」と
感謝の気持ちを伝えるための贈り物であり、

「お元気ですか?」という
意味合いも込められた季節のご挨拶です。

そして、
お歳暮は弔事とは関係のない習慣ですので、
喪中にお歳暮が送られてきた場合でも
受け取って問題ありません。

お返しもして良いとされています。

亡くなられて間もない場合や
悲しみで心の余裕が無い場合などは
お歳暮はしなくてもマナー違反とはなりません。

喪中はがきで既にお知らせをしている場合は
先方も理解してくれていることでしょうし、
地域によっても
喪中のお歳暮のやりとりの仕方は違うようです。
家族と相談し、状況に応じて
お返しをするか見送るか柔軟に考え、
決めましょう。

スポンサーリンク

喪中にお歳暮をもらった時のマナーは?

お返しは四十九日を過ぎてから

四十九日の済んでいない「忌中」のときには
お返しは送らないようにしましょう。

お返しを送るのが年を越す場合は

四十九日法要が終わるのを待つと
年を越してしまう場合は
松の内をすぎてから
表書きを
「寒中見舞い」もしくは「寒中御伺い」として
送りましょう。
その際、
お葉書を一緒に送るか、品物が着く前に
届くように送ってもよいです。

松の内…一般的には1月7日、
地域によって10日や15日までとされています。

喪中にお歳暮をもらった時ののしはどうする?

喪中にお歳暮をもらい、
お返しをするときの
のしはどうしたら良いのでしょうか?

通常であれば
紅白の蝶結びの水引がかかっているものや
印刷されているものを使用しますが
喪中の場合、
気にされる方もいるので
のしなし、水引はかけず
無地ののし紙(奉書紙)
もしくは白短冊を使用します。

表書きは「お歳暮」としましょう。

喪中にお歳暮をもらったらお返しは?マナーは?のしはどうする?まとめ

  • 喪中でもお歳暮のお返しはできる
  • 難しい場合は贈らなくてよい
  • 年が明ける場合は寒中見舞いにする
  • のし紙・水引に気をつける
スポンサーリンク



-生活トピックス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

賃貸のマンションへの引越しの挨拶!いつする?範囲はどこまで?

スポンサーリンク マンションへの引越しは、色んな方が住んでいるので いつ挨拶にいけばいいの?どこまでの範囲に挨拶すべきなの?という素朴な疑問がありますよね。 今回は賃貸マンションの場合の引越しの挨拶に …

ガスコンロの掃除方法ってどうやるの?油汚れには?掃除の仕方詳しく解説!

スポンサーリンク 料理が終わるとつい適当に拭くだけで終わらせてしまいがちなガスコンロ。 気付いたら汚れがかなりたまってしまっている事がよくありますよね。 今回はガスコンロの掃除方法はどうすればいいのか …

潮干狩りで採れる貝の種類と採り方のコツを紹介!持ち帰りの方法も!

潮干狩りのシーズン! スポンサーリンク せっかく潮干狩りに行くなら、たくさん採ってもって帰って食べたいですよね♪ そこで今回は、潮干狩りで代表的な採れる貝の種類と採り方のコツ、 さらに上手に持って帰る …

ホワイトデーに職場へおすすめの1000円程度で喜ばれるお菓子5選!

ホワイトデーに、何を返そうか迷いますよね。 職場の義理チョコだから、何でもいいとは思いつつも 出来れば喜ばれるお菓子を返したい。と思ってネットで色々探しているあなたは 本当に素敵です! そこで今回は職 …

結婚後のお歳暮は義両親に贈るべき?相場は?時期はいつ?

何となく他人行儀で 自分とは関係ないと思っていたお歳暮… 結婚して両家間でのやりとりがあると こういった伝統的な習慣に戸惑いますよね。 スポンサーリンク 結婚したら相手の両親には お歳暮を贈るべきなの …

最新記事

最新記事

九州・福岡県の田舎に住んでいます。

日々の中での疑問や、九州の情報などを発信中。

自分の得意な分野を活かしつつ、多くの人の役に立てて頂けたら、と思っています。

分野を問わず、色々な悩みや季節の話題を書いています(๑´ڡ`๑)